本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の医療・健康・健診から医療費が高額になったときは

医療費が高額になったときは(高額療養費)

 1か月間(同じ月内)の医療費の自己負担額が高額になったとき、次表の自己負担限度額を超えた額が「高額療養費」として支給されます。



 自己負担限度額

※1現役並み所得者とは、市民税の課税標準額(地方税法の課税所得(所得から各種所得控除を差し引いた額))が、145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者及び同じ世帯に属する後期高齢者医療制度の被保険者です。
ただし、次のいずれかに該当する人は「基準収入額適用申請」をすることにより、区分が「一般」になります。
 1.後期高齢者医療制度の被保険者が1人の世帯で、総収入(同一世帯内の後期高齢者  医療制度の被保険者の収入(土地、建物、株式などの収入も含む。)の合計額)が383万円未満。
 2.後期高齢者医療制度の被保険者が2人以上の世帯で、総収入が520万円未満。
 3.後期高齢者医療制度の被保険者が1人の世帯で、70歳から74歳の世帯員がいる場合、その世帯員を含めた総収入の合計額が520万円未満。

 ※2現役並み所得者、低所得者以外の人

 ※3同一世帯の世帯員全員が市民税非課税の人(低所得者Iを除く。)

 ※4同一世帯の世帯員全員が市民税非課税であって、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人

  ※5「+1%」は医療費総額(10割)が267,000円を超えた場合に、超えた額の1%を加
  算します。

  ※6多数回該当(療養を受けた月以前の12か月に3回以上高額療養費の該当となり、4回
  目以降に該当)の場合


自己負担限度額は同一世帯に属する後期高齢者医療制度の被保険者の自己負担を合算した限度額です。
人工透析を行っている慢性腎不全、血友病等の自己負担限度額は10,000円となります。(特定疾病で長期の治療を行うときは



 高額療養費に合算できるもの
 病院・診療所、歯科の区別はなく、小額の自己負担も合わせて合算できます。
ただし、入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド料などは計算から除かれます。



 申請について
   対象になる方には、初回に限り、広域連合から申請案内を送付します。
   同封の申請書に必要事項を記入のうえ、市民課医療年金係へ申請してください。
   一度申請すれば、振込口座に変更がない限り、以後の申請は必要ありません。

   申請に必要なもの
  • 広域連合からの案内通知と申請書 
  • 被保険者証 
  • 対象者の預金通帳 
  • 印かん
  • マイナンバーが確認できるもの(対象者)
  • 本人確認書類(届出人)


 市民税非課税世帯の人が受診する場合
  病院等の窓口に「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すると、1病院等ごとの同じ月内の自己負担限度額までで済みます。お持ちでない人は、市民課医療年金係へ申請してください。

   申請に必要なもの
  • 被保険者証 
  • 印かん
  • マイナンバーが確認できるもの(対象者)
  • 本人確認書類(対象者・届出人)
 

お問合せ先
市民課 医療年金係
TEL: 0846-22-7734/FAX: 0846-22-8579
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579