本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の商工業から竹原市創業支援事業計画
ここから本文

竹原市創業支援事業計画

 産業競争力強化法に基づく「竹原市創業支援事業計画」について
 平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づき、「竹原市創業支援事業計画」を策定し、平成26年6月20日に国の認定を受けました。
 計画期間(平成26年4月1日~平成31年3月31日)のうちに、創業支援事業計画に定められた「特定創業支援事業」を受けた人で、本市が証明書を発行した場合は、以下の支援を受けることができますので、積極的にご活用ください。

 特定創業支援事業を受けた創業者への支援
    1.会社設立時の登録免許税の減免について
     創業を行おうとする者又は創業後5年未満の個人が会社を設立する場合には、登録免許税の軽減を受けることが可能です。
     ● 株式会社又は合同会社は、資本金の0.7%⇒0.35%に軽減(株式会社の最低税額15万円⇒7.5万円、合同会社の最低税額6万円⇒3万円)
     ● 合名会社又は合資会社は、1件につき6万円⇒3万円に軽減
    2.創業関連保証の特例について
     無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠の拡充(1,000万円⇒1,500万円)及び支援期間の拡大(事業開始2か月前⇒事業開始6か月前)
     (特定創業支援事業により支援を受けた人のうち、事業開始6ヶ月前から創業後5年未満の人が支援対象の要件になります。)

 証明書の申請について
 特定創業支援事業による支援を受けた人で、支援を受けたことの証明書が必要な人は,証明申請書及び個人情報の提供に関する同意書(下記添付ファイル参照)に必要事項を記入のうえ、産業振興課(商工振興係)へ提出してください。

Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.