本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の生活環境から浄化槽法に関する届出

浄化槽法に関する届出

浄化槽の管理者は、次のとおり届出が必要です。
※浄化槽管理者は一般的に設置者となります。



  浄化槽を設置するとき建築確認申請を伴わない場合のみ)

1 提出書類
(1)浄化槽設置届出書pdf
(2)添付書類
  1 建築基準法第68条の10第1項に基づく型式適合認定書等浄化槽の構造が分かる書面
  2 浄化槽を工場において製造している場合には、浄化槽法第13条の認定書の写し。
    ただし、浄化槽法第16条による更新を受
けたものは、その認定書の写し
  3 建築基準法施行令第35条第1項に基づく認定を受けている場合には、その認定書の写し。
    ただし、この認定を受けていることが、他の書類で確認できる場合には、添付を必要としない
  4 
誓約書pdf 
  5 処理対象人員算定表
  6 給排水管図(排水勾配を付記したもの)
  7 敷地内の建築物及び浄化槽の配置図(公図を添付すること) 
  8 建築物の各階平面図(各室の用途を記載したもの)
  
9 付近見取図(河川又は主要下水路への放流経路を記入したもの) 
 10 浄化槽設置管理票pdf
 11 建売住宅等の場合、建売住宅等売買契約に係る引き継ぎ誓約書pdf
 12 浄化槽法第7条に規定する水質に関する検査の依頼pdf

    5〜9
については、1枚にまとめて記載することもできます。

2 提出部数及び提出先
(1)建築確認申請を伴う場合    → 建築確認申請の受付窓口へ
(2)建築確認申請を伴わない場合 → 竹原市担当課へ
正本2部、副本1

※但し、10の浄化槽設置管理表及び12の水質に関する検査の依頼書は、正本1部のみを添付してください。

住宅に設置する浄化槽の人槽算定の見直しについて 
  住宅に浄化槽を設置する場合の人槽算定については、日本工業規格「建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理対象人員算定基準(JIS A3302:2000)(以下「JIS基準」という)」 に基づいて算定していますが、少人数の既存住宅に設置する場合に人槽を低減できるよう、JIS基準のただし書を適用するための県基準が策定されました。

 【県基準の概要・手続き方法等について】

  住宅に設置する屎尿浄化槽の人槽算定の見直しについて(竹原市への手続き方法)



  浄化槽を使い始めるとき

浄化槽管理者は、浄化槽使用開始日から30日以内に報告が必要です。

1 提出書類
(1)浄化槽使用開始報告書pdf
(2)添付書類
  1 浄化槽保守点検業務委託契約書の写し
  2 
浄化槽清掃委託契約書の写
  3 浄化槽法第11条の検査に係る受検契約書の写し

2 提出部数 1部



  浄化槽の性能や処理方法を変更するとき

設置届出の内容に変更があった場合は、届出が必要です。

1 提出書類
(1)浄化槽変更届出書pdf
(2)添付書類
  変更が生じる書類のみを添付してください。

2 提出部数 正本2部、副本1部



  他の人が管理していた浄化槽を管理することになったとき

浄化槽管理者を変更した場合は、変更した日から30日以内に報告が必要です。

1 提出書類
  浄化槽管理者変更報告書pdf

2 提出部数 1部



  浄化槽技術管理者を変更したとき

浄化槽技術管理者に変更があった場合は、変更の日から30日以内に報告が必要です。
※浄化槽技術管理者とは、501人槽以上の浄化槽を管理する専任の技術者で、浄化槽 管理者の果たすべき義務を代行する者です。

1 提出書類
  浄化槽技術管理者変更報告書pdf  

2 提出部数 1部



  浄化槽の使用を廃止したとき

浄化槽管理者は、浄化槽の使用を廃止してから30日以内に届出が必要です。

1 提出書類
  浄化槽使用廃止届出書pdf

2 提出部数 1部



◆ 電子申請

浄化槽使用開始報告書・浄化槽管理者変更報告書・浄化槽使用廃止届出書については、電子申請により市へ提出することができます。

→ 広島県・市町共同利用型電子申請システム



  

お問合せ先
まちづくり推進課 生活環境係
TEL: 0846-22-2279/FAX: 0846-22-8579
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579