市民が主役のまちづくり



 竹原市自治会連合会が広島県大雨災害被災者への義援金を市長に託しました 
 平成26年11月4日 
  竹原市自治会連合会が,自治会を通じて募った「広島県大雨災害被災者への義援金」を,11月4日,市長へ手渡しました。義援金の総額は,4,642,890円。

  8月19日からの大雨により広島市において,人的被害や住宅被害が発生しました。
 それにより,住民や自治会長から「自治会連合会で被災者のために義援金など,何かできないか」との声があがりました。
 竹原市自治会連合会では,8月28日に連絡会議を開催し,9月5日から10月10日までの約1ヶ月間,各自治会で義援金を募ることとしました。

  自治会連合会会長の脇森智範さんは「短期間にもかかわらず,これほどの義援金が集まったのは,多くの方が,災害に心を痛め,被災された方々を支援したいという気持ちの表れだと思います。このような自治会連合会の力を,今後も活かしていきたいと考えています。」と,語ってくれました。

  集められた義援金は,日本赤十字社を通じて被災地へ届けられます。
 
 
 
  市長へ  



 
 防災視察
(竹原第1地区協働のまちづくりネットワーク)
 
 平成26年10月7日 
  10月7日,広島市消防航空隊基地・江波山気象館へ竹原第1地区協働のまちづくりネットワークが,防災視察に行きました。
 広島市消防航空基地では,ドクターヘリについて研修を受け,ドクターヘリや防災ヘリの見学をしました。防災ヘリは,八木地区土砂災害が発生した朝,現地へ行ったそうです。
 江波山気象館では,天気について研修を受け,施設内を見学をしました。江波山気象館は,被爆建物でもあり,原爆の爆風でガラスが刺さった壁や爆風を受けた外壁が残されていました。
 
 
 
 研修のようすドクターヘリ防災ヘリ「ひろしま」 
  
 江波山気象館研修のようす原爆資料の展示 



 
 住民自治組織交流会を開催 
 平成26年7月30日 
  7月30日,竹原市民館において,平成26年度住民自治組織交流会を開催し,住民自治組織の活動拠点づくりに向けて市の方向性を説明しました。
 また,竹原警察署生活安全課から,特殊詐欺防止のための人形劇が行われました。
 その後懇親会が行われ,日頃交流のない地区の方々と親睦を深めるなど,有意義な一日となりました。
 
 
  
 市民生活部長あいさつ交流会のようす  
 
  
 特殊詐欺にひっかからない!懇親会のようす  



 
 自治会連合会・公衆衛生推進協議会総会を開催 
 平成26年6月21日 
  6月21日,ホテル大広苑において,平成26年度の竹原市自治会連合会・竹原市公衆衛生推進協議会の総会を開催し,平成25年度の事業・決算報告及び平成26年度の事業・予算の審議を行うほか,功労者への感謝状の贈呈を行いました。
 その後懇親会が行われ,日頃交流のない地区の方々と親睦を深めるなど,有意義な一日となりました。
 
   
 総会のようす吉田市長あいさつ  
   
 功労者表彰懇親会のようす  



 
 小梨ホタルまつり 
 平成26年6月14日 
  6月14日(土),小梨スポーツ広場にて第6回小梨ホタルまつりが開催されました。
 小梨のお米で作られたポン菓子のプレゼントやビンゴゲームに加え,今年はオカリナコンサートも行われ,お祭りを盛り上げました♪
 今年もたくさんのホタルを見ることが出来ました。
 
  
 オカリナコンサート♪ビンゴゲーム☆わかたけグルメコーナー(^3^) 
  
 ほたるが!!灯篭ポン菓子のプレゼント 



 
 ゆかた祭り 
 平成26年6月7日 
  6月7日(土),100年の歴史をもつ「ゆかた祭り」が忠海・本立寺で開催されました!
 しまのわワークショップで提案された「ゆかたデビューのお手伝い」が今年のキーワード。レンタル用に,たくさんのゆかたと色とりどりの帯が集まりました。
 無料で着付けと記念写真撮影がしてもらえ,非日常の体験が出来ました。
 他にも,ライブステージやゆかたファッションショーなど様々なステージイベントと,地元特産「たこ飯」やデザートもあり,多くの人でにぎわいました。
 
    
 たくさんのゆかた と 色とりどりの帯本立寺の入り口にはのぼり  
   
 お祭りのようすかぐやパンダも来ていました♪  



 
 廿日市市吉和市民センター視察研修
(仁賀公民館運営員会・仁賀町協働のまちづくり協議会)
 
 平成26年3月18日 
  3月18日,廿日市市吉和市民センターへ仁賀公民館運営員会及び仁賀町協働のまちづくり協議会が合同で視察研修に行きました。
 廿日市市は協働の先進地であり,今後の住民自治組織の活動拠点づくりを進めていく上で,参考になる点が多くありました。
 また,「吉和おさんぽギャラリー」など独自の取り組みがあり,とても勉強になりました。

※吉和おさんぽギャラリーとは,マップを片手に吉和地域をおさんぽして巡り,吉和の魅力を体感する,「自宅開放型」ギャラリーです。
 
  
  視察研修のようす  



 
 大乗地区が進める3R  ゴミ箱行きの廃油がせっけんに変身!
(大乗地区協働のまちづくりネットワーク環境衛生部会)
 
 平成26年2月23日 
  
  平成26年2月23日(日)9時~バンブー運動公園周辺において、廃油石鹸づくりが行われ、家庭で使い古した油約45ℓが644個の石鹸に生まれ変わりました。

これは環境衛生部会が掲げる3RReduce【リデュース】 Reuse【リユース】 Recicle【リサイクル】)活動の一環として“環境保全に向け自分たちでできることを実践しよう!”を形にしたものです。

 当日は天候も良く,にぎやかなでジョークが飛び交う和やかな雰囲気の中,約2時間の作業を全員で楽しみました♪完成は約一ヶ月後とのこと。今から待ち遠しいです^0

 皆さんもぜひぜひチャレンジしてみてください!
 
 
 
 苛性ソーダ500gを入れたポリ容器に水1ℓを入れ、かき混ぜ棒でかき混ぜます。

(※注意 この時蒸気を吸わないよう換気の良い場所で作業します。)
白濁→無色へかわったころに,廃油3.6ℓを少しずつ流し込み約20分程とろみが出るまでかき混ぜます。

豆腐やヨーグルトの空き容器に流し込み常温のまま4~6週間風通しの良い場所で乾燥させたら出来上がりです。
 
 
当日使用した物
物品名容量等備 考
苛性ソーダ6,250g1袋(250g)×25
12.5ℓ 
廃食用油45ℓ 
石鹸容器約1,000個豆腐・ヨーグルトの容器
ポリ容器3台かき混ぜ時に使用
かき混ぜ棒3本
マスク・ゴム手袋適量
油さし容器適量1ℓ程度の容器
新聞紙適量油の拭きとり用
 



 
 中心から元気に!「竹原第4地区協働のまちづくりネットワーク」が設立! 
 平成26年2月18日 
   2月18日,竹原市民館において竹原第4地区協働のまちづくりネットワークの設立代議員総会が開催され,市内16番目の住民自治組織としてスタートしました。
 竹原第4地区は,竹原市の中心部に位置し,JR竹原駅をはじめ,市役所・図書館・警察署などの公共施設,郵便局・銀行・商店街・企業などがあり,交通や日常生活に恵まれた地区です。
 平成18年度から協働のまちづくりの取組みについての話し合いが行われ,特に昨年の夏からは,組織設立に向けた話し合いを持ち,地域の課題解決や魅力づくりなどについて積極的に協議が行われてきました。
 ワークショップで出された意見などをもとに,「安心安全部会」と「にぎわい部会」の2部会体制をとり,「みんなが安心・安全に暮らせる,にぎわいあるまちづくり」を目指して,防災・防犯,地域交流・環境に関することなどを取り組んでいきます。
 中川会長からは,「平成18年に検討を始めてから、長い道のりでした。竹原第4地区は、市の中心部にあるので、第4地区を元気にすることで、市全体を元気にしたい。」と語ってくれました。
 
  
 代議員総会のようす中川会長のあいさつ吉田市長からの祝辞




 
 座SHOUNO 水戸黄門~防災編~
(荘野協働のまちづくりネットワーク ひとづくり交流部会)
 
 平成26年1月26日 
  1月26日(日),西野町の荘野公民館にて座SHOUNOによる「水戸黄門~防災編~」が公演されました。「荘野協働のまちづくりネットワーク」が立ち上げたこの劇団は,役者や裏方も地域の仲間が協力して活動しています。
 これまで様々なテーマを掲げた水戸黄門劇を披露しており,第3回目となる今回は“防災”がテーマ。荘野地区を訪れた水戸黄門一行が,火付けをする悪役を懲らしめます。
 劇中には,竹原の地名はもちろん,町並み保存地区の「生姜せんべい」から,「お・も・て・な・し」など昨年流行したフレーズまで盛りだくさん!演者が観客のところまでやって来てくれるので,会場全体が笑いと楽しい雰囲気に包まれていました。
 第4回目の公演が今からとても楽しみです!  
 
   
 劇の前に,現代版ポンプ操法実技が
行われました。
水戸黄門一行が荘野地区を
訪れると・・・
  
   
 名シーン最後は水戸黄門替え歌でしめくくられました。
みんなで守ろう火の用心~♪
  




バックナンバー(平成25年)はこちらから       
バックナンバー(平成24年)はこちらから                                        
バックナンバー(平成23年)はこちらから