本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中の市内施設から大久野島毒ガス資料館紹介

大久野島毒ガス資料館ご案内

 
      
戦争の悲惨さを  平和の尊さを  生命の重さを

毒ガス資料館

大久野島毒ガス資料館

【所在地】
広島県竹原市忠海町5491番地
         

 
【大久野島の過去】 
 大久野島は広島県竹原市忠海町の沖合い3kmに位置し,数戸の農家が耕作を続ける島でした。昭和2年には,島全体が陸軍の毒ガス製造を目的として管理下となりました。昭和4年には,東京第二陸軍造兵廠火工敞忠海兵器製造所による毒ガスの製造が始まり,昭和20年まで続けられていました。
 日本軍が毒ガスを製造していたということは,昭和59年(1984年)まで日本ではほとんど知られていませんでした。化学戦の実態は慎重に秘匿され,旧軍関係者以外の日本人はほとんど事実を知らなかったのです。昭和59年(1984年)に日本の化学戦実施に関する報道がされて以来,日本の毒ガス兵器の研究開発は旧陸軍化学研究所(東京),大量製造したのは大久野島(広島県竹原市),充填は曽根(福岡県北九州市),化学戦の運用、訓練には旧陸軍習志野学校,といった日本の化学兵器の構図(陸軍習志野学校史)が明らかにされています。

【大久野島の現在】
 大久野島は休暇村として開発され国民の保養地となり,往時を偲ばせるものはわずかに砲台跡・発電場・毒ガス貯蔵庫など数少なくなっています。この島で毒ガスを製造した過程で多くの犠牲者を出すに至ったこと,この痛ましい事実を今に伝えるため,関係各位からよせられた当時の資料を展示して毒ガス製造の悲惨さを訴え,毒ガス兵器をこの地から絶滅させ,平和な世界の確立を希求しています。
大久野島毒ガス資料館は,広島県,関係市町並びに障害者団体のご理解とご協力により昭和63年に建設されたものです。近くには,大久野島毒ガス障害死没者慰霊碑が昭和60年(1985年)に建立され,安らかな永眠を祈願すると共に,恒久平和を念願しています。

電話番号0846−26−3036(FAX兼用)
交通案内広島空港から忠海港まで車で約45分・山陽自動車道河内ICから車で約40分・JR呉線忠海駅から徒歩約5分, 忠海港から船で約15分。大三島から船で約20分。
開館時間午前9時〜午後4時30分(入館は4時まで)
休館日年末年始(12月29日〜1月3日)※そのほか、臨時に休館することがあります。
資料館館内展示室 (工員手帳,男子・女子用作業服,液体毒ガス製造装置(冷却器部分),大あか筒の外筒,パネル写真外)
研修室 (DVD映像 1.証言でつづる大野島 2.おおくのしまは語る外)
料 金19歳以上一般100円,団体(20名以上)80円
19歳未満一般 50円,団体(20名以上)40円
※次の方は,入館料が免除になります。
・身体障害者手帳,精神障害者保健福祉手帳,療育手帳の交付を受けている方
・竹原市立小学校及び中学校の教科学習又は特別活動で,教員の引率する児童及び生徒


申請様式ダウンロード
 毒ガス資料館取材撮影許可願pdf
 

 

お問合せ先
まちづくり推進課
TEL: 0846-22-2279/FAX: 0846-22-8579
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579