本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2019.4
ここから本文

新しい1年のはじまり

4月に入り,竹原市役所は新入職員として6名,災害に関わっての応援職員3名を迎え,新たな体制のもとにスタートを切りました。

年の4月はいつもの年度替わりに加え,竹原市においては第6次総合計画のスタートを迎える月になります。

将来都市像「元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。」,これからこの将来都市像に向かった施策を着実に推進していく強い思いを持ちながらスタートを切ってまいります。

新年度となり,市内各所において,竹原市役所と同様にニューフェイスを迎えることになると思います。市内の小中学校では新しい子供たちを迎える入学式が行われます。また,各事業所においても,新たな職員を迎え,そして各団体についても新たな体制のもとにスタートしていく節目でもあります。

災害直後から市の職員に対し,常に市民の皆様に寄り添った対応を心がけるよう話しました。これは,聞く耳を立てて寄り添うということに留まらず,市民の皆様の気持ちになって何が一番良いことなのか考えていくこと,このことが一番重要であるとの思いから伝えたものです。

今回の総合計画においては,昨年の災害からの復旧・復興プランを着実に実行すること,加えて,たけはら元気プロジェクトのもと施策の選択と集中を図っていくことにより,竹原市がにぎわいのある元気なまちとなるよう目指すこととしています。災害から復旧・復興に向かってチーム竹原市として,着実に総合計画を前に進めてまいります。

今年の年頭に当たり,一年の目標となるキーワードとして「前進」という言葉を職員に話しました。職員一人一人が計画を着実に推進するということに加えて,それぞれの職員がチャレンジ精神を持って臨んでもらいたいと伝えています。そのことが間違いなく竹原市政の発展と市民の皆様の幸せにつながることになると思っています。

本日,新しい元号が発表されました。新しい時代を迎えるに当たっては,いろいろな,目標や夢があると思います。その思いを後退させることなく着実に前に進めるよう,市民の皆様と共に「チーム竹原市」として,さらに飛躍できるよう,これからも全力で取り組んでまいりますので,引き続きのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

竹原市長  今 榮 敏 彦
新入職員のみなさん

平成31年4月1日採用
新入職員のみなさん

 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.