本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2019.2
ここから本文

春に向かって一歩ずつ

 本当にあっという間にひと月が過ぎまして2月になりました。

 2月は色々な行事があり,2月中旬から始まる議会は,新たな年度の予算を審議する,行政としては重要な議会となります。
 それに向けての予算編成,また財政状況が厳しい中での事業検討,これまで積み上げてきたものなど,まさにこれから説明し理解を求めていく場面になります。
 今までしっかりと調整してきたことを,市民の皆様へはもちろん,議員の皆様に納得していただけるような説明をするとともに,それぞれの所管課においては市民の皆様と一緒に事業を進めることができるよう,しっかりと説明をしてまいります。

 先月,日本遺産「北前船」への追加申請を行いました。
 財政状況は大変厳しい状況にありますが,その中においても着実に進めなければいけない事業があり,それを進めていった成果の一つでもあります。
 こうした取組はこれからも着実に進めていかなければいけませんし,それがまちの賑わいや発展に大きくつながることであるというようにも思っております。

 今月からは,町並みを彩る「町並み雛めぐり」が始まります。
 今までの歴史や竹原の風土というものがあってこそ,行政の推進があるということを表現している一つだと思います。
 これからもこのことを基底に行政の推進を図ってまいります。

 市における様々な取組がある中において,災害からの復旧・復興が一丁目一番地の取組でありますが,竹原に活力,賑わい,そして暮らしやすさを感じていただけるように,新たな発想や発想の転換,そして外からの色々なアイデアも,我々職員が吸収していかないといけません。
 そのことを職員一人一人が自覚するとともに,知恵と汗と活力で,竹原市の行政を進めてまいります。

 少しずつ春には向かっているものの,まだまだ寒い時期が続いています。

 週は生活習慣病の予防週間になっています。
 生活習慣病予防は健康保持に関わる重要なテーマでもあります。
 市庁舎の前にある市の花「梅」も,徐々に花開いております。
 春が近く,新年度も間近であります。

 皆様も健康管理には十分注意してください。

竹原市長  今 榮 敏 彦
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.