本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の市長の部屋から市長メッセージ2018.11
ここから本文

「元気な竹原市」へ向かって!

 本年,竹原市は市制施行60周年を迎えました。

 11月3日に挙行しました竹原市制施行60周年記念式典では,公私とも御多忙の中,多くの市民の皆様,関係各位に御臨席を賜りまして,厚く御礼申し上げます。

 市制を施行してからの60年を顧みますと,決して平坦な道のりばかりではなく,幾多の苦難がありましたが,瀬戸内の豊かな自然の下,多くの先人達が築いてこられた歴史と文化を継承し,基幹交通網の整備などの生活基盤の充実とともに,産業や観光の振興,教育文化の向上など,住みよさを実感できるまちづくりを推進してまいりました。

 このたびの7月豪雨災害では,本市でも甚大な被害が発生し,今も生活再建の途にあり,雨のたびに不安を覚える被災者が数多くおられます。今後も被災者に寄り添った支援や一日も早い復旧・復興に優先的に取り組むとともに,災害に強く,だれもが安心・安全に暮らせるまちづくりを推進してまいります。

 そして,平成30年秋の叙勲等において,芸術や学問など,文化の発達にめざましい功績をあげられた方に授与される文化勲章を,竹原市名誉市民である今井政之先生が受章の栄誉を受けられましたことは,竹原市にとって大きな喜びであります。これまでの御功績と,被災からの復旧・復興に取り組む多くの市民に勇気と力を与えていただきましたことに対し,心から敬意と感謝の意を表しますとともに,今後益々御活躍されますことを御祈念申し上げます。

 竹原市は,次の60年に向け,新たな一歩を踏み出します。本市の有する誇るべき地域資源である「人」「地域」「歴史・文化」を「活かす」まちづくりを推進するとともに,その魅力を市内外へ発信し,認知度や知名度を高め,地域のにぎわいの創出につなげるシティプロモーションの展開や,子育て環境や学校教育の充実を通じた次世代の人材育成推進など,わがまち「竹原市」に誰もが魅力を感じることができるような総合的な施策を進めてまいります。

市民の皆様におかれましては,今後も「元気な竹原市」へ向けた取組に,御理解と御協力をお願いいたします。                 

竹原市長  今 榮 敏 彦
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.