本文へジャンプ

元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。~安芸の小京都~
~安芸の小京都~
元気笑顔が織り成す
暮らし誇らし、竹原市。
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の各種計画の中の総合計画から第6次竹原市総合計画「元気と笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。」
ここから本文

第6次竹原市総合計画『元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。


元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。』の実現に向けて

 本格的な人口減少社会が到来する中、竹原市が持続可能な都市として発展していくためには、本市の強みである「人と人の顔が見えるコミュニティ」を未来への礎として、市民と行政が一体となってまちづくりに取り組み、賑わいや活力を生み出していくことが重要です。
 そのため、目指すべきまちの姿を明らかにするとともに、その実現のために取り組んでいく施策を掲げた「第6次竹原市総合計画」を策定しました。
 市民と行政が目指すべきまちの姿を共有し、それぞれが自身の役割と責任を担いながら、地域課題を一緒に解決することにより、誰もが住みやすさを実感し、誇らしいと思える『元気な竹原市』の実現に向けたまちづくりを進めていきましょう。

 目標年次  令和10年度(2028年度)

 計画期間
 基本構想 平成31年度(令和元年度・2019年度)〜令和10年度(2028年度)
 前期基本計画 平成31年度(令和元年度・2019年度)〜令和5年度(2023年度)

 10年後の目指すまちの姿(将来都市像)

 元気笑顔が織り成す 暮らし誇らし、竹原市。」 

 元気は、市民の誰もが「いきいきと活躍する姿」と本市の魅力を活かした「交流や産業による賑わうまち」を表現しています。
 笑顔は、市民の「安全・安心で快適な心地いい暮らし」と「互いに支え合う優しさ」を表現しています。

 あふれる元気と輝く笑顔が“幾重にも重なり”、市民一人一人が“たけはら暮らし”が“誇らしい”と思う。

 本市は、「生まれて良かった、住んで良かった、帰ってきたい、住んでみたい」と思える元気な竹原市の実現に向け、

 『誰もが住みやすいと実感し、誇らしく思えるまち』

を目指します。
 

計画書

計画の詳細は、以下をダウンロードして御覧ください。
 ※ファイルサイズが大きいので、ダウンロードの際は、御注意ください。
                                          
 ※計画書を見るには、Adobe Reader (無料)が必要です。お持ちでない場合は、
  右上のAdobe社ホームページよりダウンロードして、インストールしてください。        


竹原市総合計画


 全体 (19,770kbyte)pdf

 分割版はこちら


 概要版 (4,250kbyte)pdf

 策定の経緯はこちら

 【参考資料】第6次竹原市総合計画に基づく成果指標一覧(平成31年度) (768kbyte)pdf

第6次竹原市総合計画表紙イメージ
 
竹原市の位置地図
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.