本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の障害者福祉から障害者総合支援法
ここから本文
障害者総合支援法

   平成25年4月1日から、「障害者自立支援法」が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
 (障害者総合支援法)」となりました。
        この法律では、障害者の定義に「難病等」が追加され、さらに平成26年4月1日から、重度訪問介護の対象者の拡大、
 ケアホームのグループホームへの一元化などが実施されました。

 
       障害者総合支援法の趣旨

     地域社会における共生の実現に向けて、障害福祉サービスの充実等障害者の日常生活及び社会生活を総合的に
   支援するため、新たな障害保健福祉施策を講ずるものです。

        概要はこちら→厚生労働省ホームページ

   障害者の定義への難病等の追加について
  
     国が指定する特定疾患から「難病等」の対象が定められています。「難病等」に該当する人は、手帳を所持しているか
   どうかに関わらず、 「障害福祉サービスの給付」「補装具費の支給」 、 「日常生活用具の給付」などの申請ができます。

            平成27年7月から、障害者総合支援法の対象となる難病等が見直され、対象疾病数が拡大されました。
    
    対象となる疾病はこちら → 対象疾病一覧(PDF360KB)


  

Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.