本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の高齢者福祉から介護予防・日常生活支援総合事業について
ここから本文

介護予防・日常生活支援総合事業について

 介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」といいます。)は、65歳以上のすべての人を対象とした、介護予防のための事業です。
 高齢者のみなさんが、住み慣れた地域で生活を継続できるよう、一人ひとりの状態に合わせた介護予防や生活支援のサービスを提供します。
 また、これまで要支援1・2の認定を受けて利用していた介護予防サービスの一部(介護予防訪問介護と介護予防通所介護)が、この事業に移行します。

※竹原市では、平成28年4月から総合事業を開始しています。



 総合事業の構成と対象者

総合事業は、次の2つの事業で構成されます。


介護予防・生活支援サービス事業】

 対象者      要支援1・2の認定を受けた人、市が行う基本チェックリストにより生活機能の低下がみられた人

 サービス内容  訪問型サービス(介護予防訪問介護に相当するサービス)
             …介護予防訪問介護と同様のサービス。訪問介護員による身体介護や生活援助など

             通所型サービス(介護予防通所介護に相当するサービス)
             …介護予防通所介護と同様のサービス。通所介護事業所での生活支援や機能訓練など
            
            ※その他のサービスについては、平成29年度以降段階的に提供できるよう検討していきます。 
 

【一般介護予防事業】

 対象者      65歳以上の人

 サービス内容  介護予防教室、運動教室など

              いきいきはつらつ教室 …専門職の指導を受けながら、運動機能向上、栄養改善、口腔機能向上を図ります。
                               また、膝・腰痛対策、認知症や閉じこもり、うつ病など、総合的に介護予防を行います。
             
              自主グループによる運動教室 …いきいきはつらつ教室を卒業した人などが、継続的に介護予防を行うため、
                                    自主的に行っている運動教室です。お近くの教室にお気軽にご参加ください。          
 


 利用方法
 

健康福祉課介護福祉係、地域包括支援センター(TEL22-5494)にご相談ください。


【介護予防・生活支援サービス事業】

要支援1・2の認定を受けなくても、基本チェックリストによる確認で事業対象者と判定されると、利用することができます。
地域包括支援センター等にケアプランを作成してもらい利用します。 

【一般介護予防事業】

65歳以上の人はどなたでも利用できます。利用者にあった教室などを紹介します。       

Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.