本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中の介護保険から食事・居住費の減額
ここから本文

介護保険施設の食事・居住費の減額の申請を

 介護保険の施設サービスやショートステイを利用される人で、住民税非課税世帯(世帯分離している配偶者も非課税)で、預貯金等が単身1,000万円、夫婦2,000万円未満の人は、申請をすると、居住費と食費の負担限度額が所得に応じて設けられます。利用者は自己負担限度額までを負担します。
 該当になる人は、申請をしてください。


  申請に必要なもの

介護保険証、印かん、預貯金通帳等の写し(単身1,000万円、夫婦2,000万円未満が要件です。)
※詳しくはお問い合わせください。

※個人番号(マイナンバー)が必要な申請です。本人が提出する場合と本人以外が提出する場合で、確認書類が異なります。
    詳しくは
こちら(内部リンク)をご覧ください。

 
Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.