本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中の教育委員会情報から竹原市立学校で使用する教科書
 
竹原市立学校で使用する教科書
    

 小学校で使用する教科書

  平成30年度から,竹原市立小学校で使用する教科用図書(教科書)は次のとおりです。

教科発行者採択理由
特別の教科道徳
 株式会社
 光文書院

  • 教材文に入る前に「問い」を持たせ,脚注部の吹き出しで多面的・多角的に「考え」させることができる。また,まとめる発問,広げる発問を設定し,子どもが本時の内容項目について自分ごととして捉え,じっくり考え,議論する活動をうながす紙面構成になっている。
  •  道徳ノートの構成を示すとともに,年間を通して1時間毎の学びの足あとを記録するページを設定している。そのことで,子どもの変容をみとり,特別の教科 道徳の評価で求められている,一定のまとまりの中で子どもの学習状況や道徳性に係る成長の様子を捉え,評価に生かすことができるようになっている。
  • 子どもの道徳的実践意欲を高めるため,学習した後,調査活動や,発表,日常生活に生かす取組などの発問が設定され,学習したことを実生活に広げることができるよう工夫されている。

  平成31年度から,竹原市立小学校で使用する教科用図書(教科書)は次のとおりです。

教科発行者採択理由
国語
 東京書籍株式会社

  • 児童が単元を通して取り組む言語活動を設定してゴールを明確し,その活動をすることで該当学年で必要な読みの力が育成されるよう工夫している。
  • 単元末には,「言葉の力」を明示し,振り返る観点を示して習得を確かなものにしようとしている。また,国語の基盤づくりとしてのノート作りについて重視している。
  • 友達との学び合いやコミュニケーション,日本の伝統文化に親しむことによって,健やかな知性・感性が育つように工夫されている。 
書写
 東京書籍株式会社

  • 学習指導要領に示された目標や指導事項を確実に学習できるよう,具体的な学習課題を設定,教材を配置している。
  • 教材は,「練習」「生活に広げよう」「まとめ」「付録」の4つのタイプで構成しており,「基礎・基本-応用-確認」を繰り返す中で学習内容が定着できるよう工夫している。
  • 書写で学んだ知識・技能を生活に活用する応用教材として「生活にひろげよう」を設けるなど,他教科でも活用できる資料を積極的に取り入れている。
社会 日本文教出版株式会社

  • 3年~5年は,巻頭に見開きで,「疑問をもつ」「問題をつかむ」「予想を立てる」「調べる」「わかる」という学習の道筋が「問いの旅」として提示されている。6年生では,上巻の巻頭に「この教科書のしくみ」のページを設け,「わたしの問題」「わたしの見方・考え方」「ふりかえってみよう」という言葉で,学習の進め方を示している。 
  • 問題解決的な学習の進め方については,問いの形で学習課題を示すとともに,振り返る方法を例示した「ふりかえってみよう」のページを設けている。
  • 学習を振り返るために,新聞を作るという言語活動を取り入れている。振り返りの手順が示されている
地図
 株式会社帝国書院

  • 児童が机上に広げて学習しやすいAB版になっている。また,等高線の色分けが明確である。また,字体が教科書体になっている。 
  • 「地図のなりたちとやくそくごと」や「地図帳の使い方」など地図帳を活用する上でのポイントが提示されている。 
  • 世界の基本地図への国旗と特徴的な写真や日本の歴史(江戸時代の交通路・歴史の舞台になった場所)などが提示されている。 
  • キャラクターの吹き出しとリングファイルを模した枠により,地図帳を使っての学習ができる。また,地図帳を参考にした「防災マップづくり」など,体験な活動が提案されている。
算数株式会社新興出版社
啓林館

  • 一斉に解決する問題から個々で取り組む問題へとステップをふむ構成で,児童の確かな理解を促すような工夫がある。 
  • 各時間に「めあて」と「まとめ」が設定してあり,その時間の学習内容が概観できるようになっており,単元導入も児童が見通しを持てる構成にしてある。
  • 自分のやり方の根拠を説明する活動や,式からお話を考える活動を取り入れている。
理科株式会社新興出版社
啓林館

  • 単元末の「まとめよう」が手書き形式で書かれており,児童が学習内容をまとめる際の手本になっている。
  • 別冊教科書「わくわく理科プラス」の「学習のはじめ」では,学習前に自分の考えを書き込むことで,見通しをもって観察・実験が行えるようにしている。また自分の考えを図や絵,文章で表現する場面を多く設け,言語力・表現力の向上を図っている。 
  • 「ひろげよう」や「学習をつなげよう」が設けられており,単元内で学習した内容を生活に関連付けて考えられるように工夫されている。   
  • 巻末資料として,関連のある本が紹介されており,調べ学習の際などに活用できるようになっている。
生活
 東京書籍株式会社

  • 「どんなところにすんでいるのかな」「どんな遊びができるかな」等の見出しを付け,課題意識や学ぶ意欲を引き出すようにしている。   
  • 相手意識や目的意識を明確にして表現活動を計画できるようにしている。
  • 手引きとして「べんりてちょう」を活用して,相手や場に応じた言動や道具の使い方等の基礎的な力を定着できるようにしている。
音楽株式会社教育芸術社

  • 題材の目標について,見開き左ページ上に学習目標を示し,さらに学習展開への支援となる活動文や活動のヒントを示している。 
  • 身の回りのものから音楽につながる活動を含む題材や巻頭「音のプリズム」の中で,生活と音楽とのかかわり,自分と音楽とのかかわりに気づかせるような写真等を掲載している。 
  • 第3学年から合唱を導入し,二部合唱を中心とした配列をしている。第1学年から合奏曲を配列している。
  • シンプルなデザインであるため,重要な部分が,優先的に目にはいるようになっている。
  • 道徳科の学習との関連を意識した楽曲を掲載している。
  • 鑑賞したことをまとめる活動の中で,聴き取り方と話し合いの視点を記述している。
図画工作日本文教出版
株式会社

  • 巻末に,「使ってみよう材料と用具」というページ設け,表現に必要な用具の扱い方や技法,材料についてイラストや写真を使って分かりやすく説明し,基礎的な知識が身に付くように工夫されている。
  • 「教科書美術館」「図画工作の広がり」「ぞうけいのもり」「裏表紙」といったような,身のまわりの造形に関心をもたせる鑑賞資料等を扱っている。
  • 児童自身が学習のめあて(楽しんですること・考えること・工夫すること・見たり感じたりすること)をマークで表すことで,自ら学び,考えることができるようになっている。
  • 題材を5項目に分類して色分けして配列されており一目で分かる。配列は,絵・工作・立体・鑑賞がバランスよく配列されている。題材数は18で低・中・高と少しずつ減っており,授業時間数との対応ができている。各題材で扱う主な用具を,ページ番号横にマークで示している。
  • 見立てたものを友達に紹介するために,順序立てて表現する力を養うことができる。言語活動につながる鑑賞の観点を示している。
家庭
 開隆堂出版株式会社

  • 家庭科学習の進め方と2年間の見通しをもたせる写真や図を示し,小題材をスモールステップで学習できるように構成している。
  • 実習や製作のページには,基礎的・基本的な技能の定着を図るため,自己評価カード「できたかな」を15か所掲載している。
  • 学期末に「チャレンジコーナー」を5か所設け,家庭実践のヒントとなる例を取り上げ,実践で工夫したことをまとめる「チャレンジシート」を提示している。
  • 学習上参考になる資料を「参考」「■」「環境」「消費」「安全」「発展」のマーク等で示している。
  • 自分が生活に生かしていることをカルタに書くという具体的な言語活動の例が掲載されている。
保健大日本図書株式会社

  • 多様な内容で組織され学習の流れがつかみやすいように配列され,カラーユニバーサルデザインに配慮して作られている。
  • 写真やイラスト,キャラクターによる補足説明,振り返りチェック項目,シールなど児童の主体的な学びを促すものが多く取り入れられている。
  • 書く活動や話合い活動がバランスよく取り入れられている。単元の最後には,発展的な内容や関連のある内容が多く提示されている。
 


 中学校で使用する教科書

  平成31年度から,竹原市立中学校で使用する教科用図書(教科書)は次のとおりです。

教科発行者採択理由
特別の教科道徳
日本文教出版株式会社

  • 教材の最後に,教材に関する発問が1つ,「自分に+1」として,自分について考えさせる発問が1つ示されている。
  • 問題解決的な学習に適している教材が各学年に4~5つ設定されている。また,それぞれに,「学習の進め方」として,何を議論するのかが示されている。役割演技や動作化などの体験的な学習を示している教材が各学年2つある。コラムには,実生活に生かせるスキル等が掲載されている。
  • いじめについて,教材をユニット化し,年間に複数配置している。
  • 巻頭,巻末に見開き写真と詩が示されている。中学校で学習する漢字までを使用し,中学校で学ぶ漢字や固有名詞等には振り仮名をつけている。
  • 別冊ノートには自己の考えをまとめたり,自己評価したりする欄が設定されている。また,学期ごとの振り返り欄と保護者のコメント記入欄がある。

  平成28年度から,竹原市立中学校で使用する教科用図書(教科書)は次のとおりです。

教科発行者採択理由
国 語東京書籍株式会社 巻末には資料編が示され,「話すこと・聞くこと」及び「書くこと」に係る基礎的・基本的な事項及び目的に応じた読書に関連する事項並びに学習用語が示され,既習事項を振り返ることができるようになっている。
 1ページの上段に言語活動の手順,下段に言語活動の具体的な例を示し,視覚的に分かりやすい工夫がなされている。
 理数教育の観点による説明的文章においては,図表等の資料と関連付けながら読む必要のある教材文が用意されている。
 読むことの単元最後の「てびき」に,言語活動の目標が示してあり,学習指導要領に示された活動例が網羅されている。
書 写東京書籍株式会社 各学習における「ポイント」が示されているため,生徒が留意すべき点を明確にしながら書写を行えるようになっている。また,運筆を擬音で説明する等の工夫も見られる。
 人名漢字表が示され,日常生活において参考にすることができるようになっている。
 AB版で幅が広く,手本の外に注釈が示されているため,書写をする時に注釈が邪魔にならない工夫がある。
 書写を生活に活かす単元では,手紙や荷物の送り状はもちろんのこと,願書,ノートの書き方等生徒の生活に密着した課題の設定が見られる。
社 会
(地理的分野)
東京書籍株式会社
 1単位時間を見開き2ページとし,興味・関心を喚起する導入資料から,学習のめあてが分かる「学習課題」,学習内容を整理する「確認」まで構造化されており,基礎的・基本的な内容を確実に定着できるよう工夫されている。
 「深めよう」「地理のスキルアップ」「地理にアクセス」など主体的に学ぶことができる内容となっている。
 小学校における既習事項の確認や他分野を意識した構成となっており,一貫して小中学校での学習を見通した編集となっている。
 見開きの右ページの下にある「確認」コーナーや章末のまとめでは,学習した内容を箇条書きや重要語句を使って文章表現させる等,思考力・判断力・表現力等の育成の基盤となる言語活動の充実にも対応している。
社 会
(歴史的分野)
東京書籍株式会社 1単位時間を見開き2ページとし,興味・関心を喚起する導入資料から,学習のめあてが分かる「学習課題」,学習内容を整理する「確認」まで構造化してまとめられており,基礎的・基本的な内容を確実に定着できるよう工夫されている。
 章の初めは小学校の内容を復習できるようにしてある。
 資料や図が大きく,その数も精選されていることや時代区分ごとの統一感を持たせた色調等,学習効果を高める紙面構成となっている。
 見開きの右ページの下にある「確認」コーナーや章末のまとめでは,学習した内容を箇条書きや重要語句を使って文章表現させる等,思考力・判断力・表現力等の育成の基盤となる言語活動の充実にも十分に対応しており,総合的にバランスがとれている。
社 会
(公民的分野)
東京書籍株式会社 1単位時間を見開き2ページとし,興味・関心を喚起する導入資料から,学習のめあてが分かる「学習課題」,学習内容を整理する「確認」まで構造化してまとめられており,基礎的・基本的な内容を確実に定着できるよう工夫されている。
 主体的に学習に取り組むための作業的・体験的な学習が多彩である。
 資料や図が大きく,その数も精選され,単元ごとに統一感を持たせた色調や落ち着きのある紙面構成となっており,用語解説等,学習者への細かな配慮がなされている。
 「深めよう」「公民にチャレンジ」といった発展的な学習内容や思考を深める問いや手立てが十分である。
地 図株式会社帝国書院
 世界や日本の諸地域の学習において,どのような主題や考察の仕方を設定しても対応できるよう,資料や図等が豊富に掲載され,基礎的・基本的な内容を確実に定着できるよう工夫されている。
 地図を見る際の着眼点を示したり,地図の活用(読図,作図)を促したりするなど,主体的・体験的な学習が多くできるよう工夫されている。
 見開きを使うなど,国の全体像や地域間のつながりがよく分かり,鳥瞰図も含めて地形がより立体的に表されていたり,各州で「同緯度・同縮尺の日本」が表記され,常に日本との比較ができたりする等,生徒が地形の様子をイメージしやすい表記となっている。
数 学学校図書株式会社 「確かめよう」「計算力を高めよう」といった既習事項を振り返る問題を示したり,節末,章末や巻末などに基本内容の定着を確認する問題があったりする等,基礎的・基本的な内容を確実に定着できるよう工夫されている。 
 各節や各章などに新しい学習のきっかけとなる問いや章末や巻末などに学習したことを活用して考える課題が示され,主体的な学習活動を引き出す工夫がされている。また,「さらなる数学へ」のページでは,レポートにまとめたり探究的な学習をしたりするための内容が取り上げられる等,主体的に学習に取り組む工夫がされている。
 「伝えるマーク」では説明し合ったり話し合ったりする活動が位置づいている。
理 科株式会社新興出版社
啓林館
 付属のマイノートをはじめ基礎的・基本的な内容の定着にむけた工夫が見られ,分かり易い内容の表現・表記になっている。
 小学校や中学校各学年の既習事項を明確に示し,生徒の体験や日常生活との関わりを意識しながら学習を進めることができる内容となっている。
 探究的な学習の進め方において,実験・観察の扱いは一貫して問題解決の流れ(課題,実験の目的,方法,結果の見方,考察,まとめ)を通している。 
 内容の表現・表記において,文字の配置が統一されており,写真や図等が美しく,はっきりとした分かり易いものとなっている。
音 楽
(一般)
株式会社教育芸術社 内容項目が手順よく,段階的に配置されているだけではなく,教材と連動した練習方法の工夫やゲーム等で生徒の主体的な活動を取り入れて,基礎的な力を身に付けていくことができる。また,それぞれの楽曲において,音楽の基本的知識について確認でき,それが体験的な学習や発展的な学習につながるよう工夫されている。
 創作活動においては,学年ごとに創作手順が詳しく示されている。
 鑑賞教材の選択も,色々なジャンルが網羅されており,音楽のイメージを印象強く感じ取らせるような大きさや色使いの写真や挿絵が多い。
音 楽
(器楽合奏)
株式会社教育芸術社 各楽器の構造・種類・奏法・構え方・運指など的確に提示されている。授業を進めていくうえで,生徒がつまずきそうな箇所を自分で解決できるよう,Q&Aという形をとっている。
 和楽器などの奏法では,視覚的にもはっきりと分かるように一つ一つの動きが示されていて,生徒に理解しやすく適切な内容の構成になっている。アンサンブルの曲に名曲を数多く取り入れ,生徒に主題が分かるように工夫している。
美 術日本文教出版
株式会社
 題材ごとに「学びのねらい」を示し,どんな力が付いたか確かめながら学習を進める工夫がされている。
 問題解決的な学習の内容において,主体的な学びを引き出す工夫が充実している。
 全ページを通して,授業の見通しをもたせやすい紙面構成がされており,発想・構想のヒントにつながるような大きな図版や具体的な作品解説,作者の言葉が多く掲載されている。
 浮世絵を原寸大で和紙にすり掲載し,触覚と視覚を働かせて鑑賞できるように工夫している。
保健体育株式会社学研教育
みらい
 単元末にある既習内容を活用する発問等が,日常生活や自分の生活と関わらせながら,学習内容を理解させることに有効な手立てとなっている。また,協働的な学習を取り入れた展開ができるよう工夫されている。 
 各章のはじめに見開きで章の見通しを持たせる説明と「小学校で学習したこと」「高校で学習すること」などのトピックスがあり,系統的に学習を進めるための工夫がされている。
 言語活動につながる「ウォームアップ」「エクササイズ」「活用しよう」では「考える・判断する・話し合う・調べる・振り返る・読み取る・説明する・表現する・チェックする・意見を出し合う」など表示が工夫されている。
技術・家庭
(技術)
東京書籍株式会社 基礎的な技能は「基礎技能」としてまとめてあり,写真やイラストで工夫して示している。
 各学習内容が,「計画」,「実行」,「評価・改善」を繰り返すように設定されており,主体的な学びを促すさまざまな工夫も随所に見られ,問題解決能力を高めていくことができるようになっている。
 伝統・文化に関して,日本の技術や技術者を紹介するものがあり,その内容は豊富で適切である。
 言語活動においては,話合い活動等の充実により,思考力・判断力・表現力等を高められるようになっている。生徒のワークシート例やレポート例を載せ言語活動の充実を図っている。
技術・家庭
(家庭)
東京書籍株式会社 基礎的な技能は「基礎技能」としてまとめてあり,写真やイラストで工夫し示している。
 巻頭のガイダンス的内容によって,小学校での学習内容の復習と中学校での学習を見通すことができたり,各節に必ず「目標」が示され,「動機付けの発問」が例示されたりしている。
 問題を解決する筋道,生活の課題と実践の進め方や意思決定のプロセスが統一されたデザイン等で示されており,主体的な学習活動を引き出す工夫がされている。
 言語活動の充実については,言語活動を取り入れた活動例や実習例,「まとめ方や伝え方のポイント」が示されているともに,家庭分野の学習に関わる特有の言い回しや名称について「言葉のページ」で解説されるなどの創意工夫されている。
英 語東京書籍株式会社  基礎・基本の確実な定着を図るため,基本文に使う語彙を精選したり,新出の文法事項を扱う箇所での本文の語数を少なくしたりといった配慮がされている。
 「学び方コーナー」でQ&A形式で水から学ぶためのヒントを提示している。
 4技能を統合した総合的な活動をする題材も十分にある。
 単元ごとのまとめの言語活動においては,まとまりのある量の英文が扱われており,思考力の育成につながる発展的な学習にも対応できる構成となっている。
                    



お問合せ先
教育委員会 学校教育課 学事係
TEL: 0846-22-7753/FAX: 0846-22-8460
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579