本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中の教育委員会情報から特認校制度
ここから本文

小規模校入学特別認可制度の概要

  小規模校入学特別認可制度の趣旨と目的

 小規模校入学特別認可制度(以下「特認校制度」という。)とは、豊かな自然環境に恵まれた小規模の学校で、自然に積極的にふれあい、地域との出会いや交流を大切にした教育活動の中で、豊かな人間性を培いたいと希望する児童・保護者に一定の条件を付して特別に入学・転学を認め、多様な教育の機会を創出し、児童・保護者のニーズに応えようとするものです。

  入学(転学)について

 児童の学校指定については、基本的には「竹原市立小学校及び中学校の通学区域に関する規則」で、保護者の住所の属する学区の学校となっています。この特認校制度は、保護者が制度の趣旨と目的を理解し、特別に許可された小規模校で、児童に教育を受けさせたいという場合に限り、許可されるものです。

  入学(転学)の条件

  1. この制度の趣旨を十分理解し、児童にとって制度を活用することが教育的に適していると判断できること。 
  2. 学校の教育活動に賛同する竹原市在住の小学生であること。 
  3. 自宅から保護者の責任で通学できること。 
  4. 転学期間は、最低1年間とすること。 
  5. 見学や体験入学等を通して学校の状況が把握できていること。 
  6. 地域との交流等も教育活動であるから地域との交流活動に協力できること。 
  7. 子ども会活動は、住所のあるところの子ども会にも許される限り参加すること。

  平成31年度入学(転学)について
   受付期間 平成30年11月1日(木)から平成30年11月30日(金)まで
   ※学校見学はいつでもできます。

  申請・問い合わせ
   竹原市教育委員会学校教育課学事係(電話0846−22−7753)または特認校(仁賀小学校 電話0846−29−0307)


Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.