本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習から市のあゆみを記録に!

市のあゆみを記録に!〜お宝大募集〜

 竹原市の記録

 これまで、竹原市の歴史を記録に残すため、竹原市史として、昭和38年に論説編(竹原市史第二巻)、昭和39年から42年にかけて資料編(竹原市史第三巻〜五巻)、昭和47年に概説編(竹原市史第一巻)を刊行しました。
 これら全五巻には、古代から明治初期までが記録されています。貴重な歴史資料が失われてしまう前に、近現代史を編さんするとともに、刊行から30年以上が経過した今、新しい史実や史料を加えた新たな市史の編さんが必要となっています。

 資料収集にご協力をお願いします

 ご家庭やお住まいの地区、各団体・企業などで大切に保管されている昔の文書や記録がありましたら、文化生涯学習室までご連絡ください。




 本川にかかる八幡橋の今と昔
八幡橋渡り初めの様子(昭和9年頃)現在の八幡橋
八幡橋渡り初めの様子(昭和9年頃)
 写真奥には、塩田が広がっています。
 〔写真提供 中本征雄さん(下野町)〕
現在の八幡橋。
 本川の一部が埋め立てられ、国道
 185号に変わっています。


 お宝ってどんなもの?

 江戸時代の手紙や書き付けなどの古文書類
 明治以降の文書や写真・古地図・新聞・パンフレット・雑誌類
 民俗資料(昔の農機具や生活用品等)など

古文書(こもんじょ)・古記録(こきろく)とは?
 江戸時代以前に、何らかの意思を人に伝えるために作られた手紙や覚書などの文書を古文書類、特定の相手なしに書かれた公私の日記などを古記録といいます。和紙にくずし字で書かれたものが多いです。
齋藤 鬨男(さいとうときお)家文書
齋藤 鬨男(さいとうときお)家文書
 魚問屋の経営に使われた算用帳や覚書のつづりです。

 資料の収集について

 市史を編さんするためには、地域の皆さん、各種団体、企業などのご協力が必要不可欠です。地域の歴史・文化を保存・継承していくために、皆さんからの情報提供をお待ちしております。処分を検討している古い書物、墨で書かれた手紙・書類や古い道具類がありましたらご一報下さい。


お問合せ先
教育委員会 文化生涯学習課
TEL: 0846-22-7757/FAX: 0846-22-0010
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579