本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習から竹原市歴史的風致維持向上計画について
ここから本文

竹原市歴史的風致維持向上計画について


    平成24年6月6日に文部科学大臣,農林水産大臣,国土交通大臣から認定を受けた「竹原市歴史的風致維持向上計画」を平成30年3月に一部変更しました。

 〈変更の概要〉
  ・事業の実施時期の見直し
  ・新規事業の追加      など
  ※ 変更箇所及び変更内容は添付ファイルの変更箇所一覧を御覧下さい。
     なお,添付ファイルの計画は平成30年3月版となります。 

 「竹原市歴史的風致維持向上計画」の平成29年度進行管理・評価シートを公開しました。
  添付ファイルから御覧いただけます。

竹原市歴史的風致形成建造物第1号
森川家住宅
竹原市歴史的風致形成建造物第2号
藤井酒造

 
■歴史的風致とは

 地域固有の歴史や伝統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史上価値の高い建造物やその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境のことで、建造物(ハード)と人々の活動(ソフト)をあわせた概念です。



竹原市歴史的風致向上計画の概要


 竹原市は、広島県沿岸部のほぼ中央に位置し、平地部と山地部で構成され、市域の中央部には賀茂川が流れ瀬戸内海へ注いでいきます。近世に先人が賀茂川河口の竹原湾を干拓し、潮の満ち引きを利用した入浜式塩田を導入すると全国有数の製塩地として発展しました。製塩を基盤として、酒造業や廻船業などの多角経営で財を成した富裕層がその財を投じ、意匠に優れた建造物を構え、町並みを形成していきました。重要伝統的建造物群保存地区に選定されたこの地区では、蒲団太鼓や住吉祭の伝統行事や酒造りが行われ、竹原市固有の歴史的風致を形成しています。 


■計画期間
 
平成24年度~平成34年度


■竹原市の歴史的風致

① 製塩を基盤とした港・商業の発展にみる竹原の歴史的風致
② 酒造りにみる歴史的風致
③ 葡萄にみる歴史的風致
④ 高崎神明祭にみる歴史的風致
⑤ 福田町の秋祭り(福田のししまい)にみる歴史的風致
⑥ 田万里八幡神社当屋祭にみる歴史的風致
⑦ 忠海祇園祭にみる歴史的風致


■重点区域

名称:竹原町歴史的風致維持向上地区
面積:約71.0ha






    ≫リンク



Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.