本文へジャンプ
竹原市トップページへ
サイトの利用についてENGLISHサイトマップ
文字縮小文字標準文字拡大
市の組織協働のまちづくり観光ライフイベントくらしの情報イベントカレンダー
現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から春風館

春風館(しゅんぷうかん)賴家住宅(らいけじゅうたく)

>>国重要文化財


  • 所有者 個人
  • 所在地 本町三丁目7-24
  • 指  定 昭和63年12月19日


 賴山陽の叔父、賴春風(しゅんぷう)の家。

 春風(1753〜1825)は大阪で医学と儒学を学び、安永2年(1773)に帰郷し医業を開業しました。安永末年(1780)には塩田経営に乗り出し,天明元年(1781)に春風館を建築し、実家の紺屋(こうや)は叔父の伝五郎にゆずりました。 

 その人柄は「篤実柔和(とくじつにゅうわ)」で人々から尊敬を受けていました。春風は家業のかたわら学問にも力を入れ、町の子弟の教育にあたりました。寛政5年(1793)には「竹原書院」の設立に尽力し、竹原の文化の向上に貢献しました。

 また甥の山陽には常に深い愛情を注ぎ、山陽の脱藩後も春水との間に立ってその独立を助けました。山陽も生涯に何度も竹原を訪れ、春風には『日本外史』の著述の相談をしています。春風も山陽の才能には一目おいていたようです。

 春風は兄春水や弟杏坪の出世と活躍の影で始終竹原にあって家業を守り、春水の没後はその息子である聿庵(いつあん)の後見役となり、藩から七人扶持(ぶち)を与えられて御医師格となりました。
 

 建築当初の建物は安政元年(1854)に焼失しており、現在の建物は安政2年(1855)に再建されたものです。
 長屋門と玄関構えをもつ武家屋敷風の建物であり、茶人「不二庵」の設計と伝えられています。奥に祠堂(しどう)として茶室を持ち数奇屋風の意匠に統一されています。




お問合せ先
教育委員会 文化生涯学習課
TEL: 0846-22-7757/FAX: 0846-22-0010
 市の組織 協働のまちづくり 観光 ライフイベント くらしの情報 イベントカレンダー
竹原市役所〒725-8666 広島県竹原市中央五丁目1番35号
TEL 0846-22-7719(総務課)/FAX 0846-22-8579