本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から聖観世音菩薩座像
ここから本文

聖観世音菩薩座像

 県重要文化財

  • 所有者 寿福寺 
  • 所在地 吉名町観音谷、長福寺観音堂内 
  • 指定 昭和53年1月31日
聖観世音菩薩座像

 清石山長福寺は、小早川隆景公が信仰された寺院と伝えられていますが、今は小さな観音堂が残っており、その本尊がこの観音像です。

 像高93.5cmの座像で、膝張72cm、木彫、頭部と胴体を一木で造り、膝張部は寄木に造られています。法衣は通肩にかけ、結跏扶座の姿勢で、宝髪は高く髷に結い、宝髪生え際のまわりには冠座の彫を残しています。白毫のあとをとどめ、眼は木眼に造られ、耳朶長く孔を貫き、頸には三道をあらわし、口紅、口髭は当初のままを残しています。右手は膝に、掌を上に、左手は肘を上に曲げ、末開敷の蓮華を持ち、像の木地の上に布をはりつけたあとを残し、その上に漆を塗るいわゆる乾漆に造られています。 

 法衣衣文の彫法は浅く、全体薄着に見えますが、乾漆の用法によるものと見られます。黒漆の上、全身に当初の金箔をよく残しており、全体として当初の姿をよく保存しています。その彫法作風により見て藤原時代の後期(1086〜1191)の作と考えられます。秘仏。


Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.