本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から宿根の大桜
ここから本文

宿根(すくね)大桜(おおざくら)

 市重要文化財
  (天然記念物)

  • 所在地 竹原市下野町字宿郷359番地 
  • 指定      平成26年4月24日
  • 樹種     エドヒガン 
  • 樹高     15m以上 
  • 枝張り    約19m 
  • 根回り周囲 約4m 
  • 胸高周囲  約4.3m 
  • 樹齢     約200年(推定)



 樹高15m,枝張り19mを超えるエドヒガンの巨木です。樹木の特徴として,幹が根本から約40~50cmの位置で4本に分かれる「株立ち」状となっており,エドヒガンの株立ちとしては,県下3番目の巨木とされています。正確な樹齢は不明ですが,樹木の大きさから,樹齢200年程度と推測されます。
 エドヒガンは樹齢が長いため巨木化しやすく,県内でも北部を中心にエドヒガンの巨木が分布していますが,湿気を嫌う性質のため,県南部においては巨木化する例が少ないとされています。こうした分布の特性から,「宿根の大桜」は県南部において稀有な巨木であり,「株立ち」という特徴的な形態で,竹原市においては特に貴重な樹木であるといえます。


Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.