本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から木村城跡
ここから本文

木村城跡

 県史跡

  • 所有者 和賀神社外
  • 所在地 新庄町城ノ本
  • 指定 昭和48年3月28日

 
木村城跡

 1258年、本郷沼田庄の地頭、小早川茂平の4男政景は都宇竹原荘の地頭としてこの地に入りました。これより竹原小早川氏はこの木村城を根拠として14代約300年間、戦国大名として発展していきました。天正13年(1544)13代興景が戦死したあとを受けて毛利元就の第三子隆景が養子となりましたが、19年隆景は沼田小早川家の養子になり、ここに300年続いたこの木村城は廃城となりました。


Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.