本文へジャンプ

住みよさ実感 瀬戸内交流文化都市たけはら~安芸の小京都~
~安芸の小京都
住みよさ実感
瀬戸内交流文化都市たけはら
文字サイズ
文字サイズ中文字サイズ大文字サイズ小

現在位置:TOPの中のくらしの情報の中のスポーツ・文化・生涯学習の中の文化財から木造十一面観世音菩薩立像
ここから本文

木造十一面観音立像

 県重要文化財

  • 所有者 西方寺 
  • 所在地 竹原市本町三丁目10-44 
  • 指  定 昭和37年3月29日

   
木造十一面観世音菩薩立像

 京都の清水寺を模したと伝えられている普明閣の本尊で、木造、寄木造、玉眼入の立像で、台座、光背も具備しており像高82cm、総高(台座から光背を含めた高さ)約95cm、全体が一具として室町時代の作と考えられます。本体を台座にはめ込んだ両足の柄の内外に「法印性国」「同四天作」等の墨書「九月八日道正」という金泥書の銘が見られますが、肝心な年代はわかっていません。

 本体の面相はすこぶる端正な滋顔で、胴体の衣文の構成が繊細で、中国の宋朝風の影響がみられます。光背の挙身光の本体は、軽い木材で、頭光と光脚の蓮華は何れも表裏両面から彫刻してあり、光炎は真鍮板の藤原時代風の透かし彫りで、全体金箔押しの保存の良い立派な仏像です。厨子は仏像より時代が新しく、その墨書に「安永庚子九年立春奇主芸州賀茂郡竹原町吉井半三郎……」とあります。仏像の中で最も多く作られたのは観音菩薩ですが、この中で最も多く作られたのが十一面観音です。 

(七観音の一つ…千手観音、聖観音、馬頭観音、十一面観音、不空羂索観音、如意輪観音、准胝観音) 


Copyright (C) Takehara City. All Rights Reserved.